« 伝言 | トップページ | 9月に入っても・・・ »

晩夏(ひとりの季節)

晩夏(ひとりの季節)


ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さは コスモス

何もかも捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に
茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

丘の上 銀河の降りるグラウンドに
子供の声は犬の名をくりかえし
ふもとの町へ帰る

藍色は群青に
薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす

noteユーミンのアルバム『十四番目の月』に入ってる名曲upwardleft。。

ユーミンの曲の中で、、大好きな曲の一つshine。。

毎年 夏が終わるころ、、、頭の中にフッとこの歌が浮かんでくる。。。confident

今日は相方は仕事、、次男坊はsoccerスポ少のYさん家がJリーグ観戦に誘ってくれて広島ビックアーチに行っているrvcardash。。

一人で寂しく家にいると・・・この曲が聴きたくなるんだよなぁ~mist。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 伝言 | トップページ | 9月に入っても・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135120/36408324

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏(ひとりの季節):

« 伝言 | トップページ | 9月に入っても・・・ »